キャッシングをしてすぐ返済すると利息は無料

借入期間は短ければ短いほど利息がかからずお得です。その究極の形が借りてすぐ返済することでしょう。その日のうちに返済すると利息はかかりません。手数料がかからなければ無料でお金を借りることができます。民法にも借り入れをした初日は利息がかからないと明記されています。例えば午前中に何かの引き落としがあるのに、給料は午後にならないと振り込まれないといったケースなどで利用できます。他に、その場で支払いをしたいときに手持ちの現金がなく、キャッシングを利用し帰宅後に自宅近くで返済するというケースもあるでしょう。そのような特殊な状況において、利息ゼロで1日だけ借りて状況を打破するということは可能です。注意するべきことは銀行の営業時間です。銀行振り込みで返済する場合は銀行が閉まってから振り込むと翌日払いということになります。そうなると1日分の利子がかかってしまいます。自動契約機で返済するか、銀行の営業時間内に振り込むようにするとよいでしょう。

警察に動いてもらう為に

闇金は借りる時には仏様に見えても、返すことができなくなれば鬼よりも怖い存在へと変貌することになります。
このような場所からお金を借りる自体になっているということは、ほとんどの場合返済をするということができない状態であり、相手もそれをわかっていてお金を貸してくるため余計に厄介なものとなります。

一般的な金融機関であれば、返済ができない場合最終的には法的な手段によって清算をすることになりますが、闇金の場合には非合法な存在であるだけに、取り立てに関しても合法非合法を問わずに激しく取り立てをしてくることになります。
嫌がらせなどは当たり前であり、常に身の危険を感じさせられる状況にまで追い込まれてしまうことも珍しくありませんが、危害が加えられそうになった時には警察に相談をするところから始めるとよいでしょう。
借金問題だけでは動きづらい警察も直接的な危害があれば、何かあった時に動いてくれるので自体を知ってもらっておいて損はないのです。

借金地獄の体験談です

もともと、結構浪費家なところはあったんですけども、ちょっとお水の
仕事をしたときに収入が一時的に多くなったためにさらに
使うお金が増えて金銭感覚が崩壊してしまったせいで、その後、
まっとうなお昼の仕事に変わってからも使うお金の額を減らすということが
できなくなってしまったことが原因で、消費者金融でお金を借り始めてしまいました。
お水時代にもちょくちょく借りたことはあったのですが、なんせ収入がよかったんで
借りた分はすぐに全額返済可能って感じだったんですよね。
そのつもりで借りてしまって、結局、返済しきれなくなり、また他のところから
キャッシングして返済費用に当ててしまって、そうなると、もうすぐに
雪だるま式に借金額が増える一方でした。
限度額いっぱいまで借りきってしまってさすがにもう借金返せないと
観念した私は、法律事務所に相談に行くことになりました。
正直、法律のことなんて全然わからなかったですし、なんか弁護士とか
冷たい感じのイメージを持っていたんですけども、実際に相談に行ったら
思っていたよりもずっと話しやすい雰囲気でびっくりしました。
相談に行った先の弁護士の先生が中年女性で母のような雰囲気だったのも原因かもしれません。
債務整理をするにもいくつか方法があるようですけども、私の場合は
任意整理をするのがいいのではないかということで、そのまま相談した
弁護士の先生に債権者への交渉をお願いすることになりました。
ほとんど全部の交渉や手続きをお願いすることになったので、
私自身でどうこうとすることはなかったので、とても楽でした。
個人再生などの別の方法で債務整理しようとすると手続きだけでも
半年くらいはかかるとかって時間が必要らしいですが任意整理の場合は
そこまでの時間はかからなくてよかったです。
もちろん、自己破産のように一切の借金がチャラになるとかいうことは
ありませんので、減額してもらった借金額をこれから真面目に返済していかないと
いけませんが、それでも、ちゃんと私の収入から返済していけるだけの
月々の返済額になっているので無謀な生活をしなければちゃんと
借金生活にゴールがあるので、希望を失わずにいられるということが
本当に嬉しいなって感じています。
これでしばらくは新規でローンを組んだりすることもできませんし
クレジットカードを持つこともできませんので、幾分生活は
不便にはなりますが、もともと私自身のせいですので、仕方がないですよね。

夜逃げした友人の保証人になっていました

友人の保証人になったものの、その友人が逃げてしまったため、
私が借金の責任を負うようになってしまいました。
絶対に保証人にはなってはいけないと忠告してくれた他の友達も今では
私のことを自業自得だといって離れていったせいもあり、ついつい、返済が
厳しくて、闇金に手を出してしまったのが運の尽き…。
落ち着いて考えれば当然のことなのですが、普通の消費者金融などとは
取り立ての執拗さが全然違うもので、精神的に本当に病んでしまいました。
とにかく、こちらが普通に生活することも難しいくらいに返済を迫ってくるのですが
そうやって精神的に追い詰めていくっていうのが闇金の手口なんですね。
ボロボロになってしまうと、とても、債務整理しようと弁護士などに
相談しようという気もなくなっていきますし、これ以上どんなことされるかと
考えると怖くて、犯罪的なことをされても警察に通報しようという気にもなりません。
当然のことですが、闇金はその存在自体が違法なものですから、ちょっとこちらが
まともな判断をしてちゃんとこういった手段をとればなんとでもなるはずなんですが
こちらはお金を借りているという負い目もあってなかなかそれ自体ができないものなんですね。
結局のところ、私がこの借金問題の解決の糸口をつかんだ…といいますか
解決に向けて動き出したのは追い詰められすぎて仕事も手につかなくなったため
病院にかかることになったことがきっかけでした。
もちろん、病院は闇金問題を解決なんてしてはくれませんけども
一度、そういった借金関連のことを誰かに話すことができるとそこから
思考の整理ができてきたりするんですよね。
話してしまうとそれだけで楽になるっていうやつです。
病院の先生に話せたのだから、次は弁護士の先生に話すのも同じこと。
結局、弁護士の先生に相談に行くことになり、闇金関連のこともまとめて債務整理をお願いしました。
闇金対策もしっかりしている弁護士の先生だったということもあって、
過払い金請求と任意整理で問題を解決することができました。
先日、引っ越しをしたこともあり、
ようやく、落ち着いて暮らせるようになり、本当にホッとしています。
今はまだ病院で処方してもらった睡眠導入剤がないと眠れない日々ですが
いつかよくなってくれれば…と思っています。
友人に保証人の話を持ちかけられるととても断りづらいものですが
私はもう二度と保証人にはならないと誓っています。
そういった話を持ちかけられて迷っている人は友情が壊れることよりも
自分自身が壊れてしまうことの可能性を考えて断ったほうがいいと思います。

支払督促状が来ても信用できない

ある日突然、家に支払督促が届いてびっくりしてしまいました。
特に借金もしていないし、料金の支払いも滞納したつもりもないのに
どうして?と思ったらどうもこれはいわゆる支払督促詐欺っていうやつらしいのです。
その証拠にハガキできていたんですよね。
同じようなものを手にして慌てて支払ってしまう人もいるのでしょうが、
支払いする前にちゃんと確認するようにしましょう。
支払督促は封書で届くもので、メールだったりハガキだったりするものは偽物です。
…とはいえ、私自身もこれが届いて慌ててネットで調べてから知ったことなので
知らないっていう人は多いんだろうなぁって思います。
で、封書で届いていても、ちゃんと差出人が裁判所になっていない場合は
それもまた偽物なので支払ったりしないようにしましょう。
支払督促って勝手に債権者が出していいものっていうわけではなく、
債権者が裁判所を通して送ってくるものなのです。
で、ちゃんと裁判所からのものはしっかりと対処しましょう。
きちんとした形式の支払督促であれば、中に異議申立書というものが同封されているはずです。
ちゃんとしている支払督促であっても心当たりが全くないとかいう場合、
異議申立てをしないでスルーしていると、書いてある内容を認めますと
みなされてしまい、見に覚えのない支払いをふっかけらたのが公に認められてしまうんです。
そんな馬鹿な話はない!って思いますけども、面倒ですが裁判所を通してしまった以上
法的な効力を持ってしまうんですよね。
もちろん、きちんと異議申立てをしてそのような滞納がないことを証明すれば
そのお金の支払いをする必要はないです。
あとは本当に支払いを滞納していた場合はさっさと債権者に支払いをすれば大丈夫。
もし、そのお金が一括で支払えないというのなら、やはり異議申立てをして
裁判所で相手との協議に入って分割での支払い計画を話しあうことになります。
もちろん、協議には裁判所の書記官が同席して調整してくれるので、
一方的に滞納している立場の弱さにつけこまれるということはないです。
一括での支払いをしない、なおかつ異議申立てもしない場合、
最終的には強制執行での取立てを認めることになります。
うっかり無視していて給料などの差し押さえをされて大慌てということのないように
気をつけたいところですよね。
しかし、いまいちこういった法律のことは一般人にはわかりにくいので
もし、困ったら法律の専門家に相談することも大事です。
弁護士や司法書士、あるいは場合によっては行政書士でも対応してもらえますよ。

闇金問題で弁護士に相談しました

先日、はじめて、弁護士事務所というものに行ってきました。
何のために利用したのかといいますと、お恥ずかしながら闇金の相談についてです。
以前から、消費者金融をたびたび利用していまして、それなりに計画的には
使えていたはずだったのですが、結婚して仕事を退職後も、収入が減った分の
節約した生活を送らないといけないはずだったのが、どうしてもそれに我慢できず、
ついついお金を借りてしまいました。
もちろん、無職になった私には消費者金融で新規に借入をすることができないので、
銀行からの融資をしてもらったのですが、銀行で主婦が借りれる金額は
本当に少額で、それだけではすぐに足りなくなってしまいました。
それで、つい魔が差して、ヤミ金業者を利用してしまったのです。
こちらがイメージしていたような闇金特有の怖い対応というものもなく、
優しい対応をされたのでついつい安心してしまいお金を借りてしまいました。
いわゆるここ最近増えてきているソフト闇金というものだったんですね。
しかし、ひょんなことから、夫に私の借金のことがバレ、借金を片付けないと
離婚すると言われてしまい、慌てた私は急いで借金の整理方法というものを調べることになりました。
ネットで検索して見つけたジャパンネット法務事務所というところに
相談に行くことになり、そこで債務整理についての相談をしました。
こちらはヤミ金対応事務所ということでとても安心して相談することが
できて本当に良かったです。
やはり、こういう法律の専門家が間に入ったことにより、もともと
違法な利息をかけているヤミ金業者は強気な姿勢を取りにくいようです。
いわゆる過払い金というものも発生するのが当たり前ですからね。
そもそもその違法な利息というものはちゃんとした消費者金融などの
何十倍にもなる金利ですから明らかにとりすぎなんです。
ただ、いくら、ソフトヤミ金とはいえ、ヤミ金はヤミ金なので、
一度、債務整理に入ってしまうことがバレると態度が豹変して怖い
脅しをされたりするのだろうかと身構えてしまいましたが、
今回、私がヤミ金に借金していた元本がそれほど高額ではなかったため
恐れていたことをされたりはしませんでした。
自分は運がよかっただけなのかもしれませんが、ヤミ金でお金を
借りてしまった人ははやめに弁護士に相談してみるといいかと思います。
思っていたよりもずっとはやくスピード解決できてよかったです。
夫にバレたときにはどうなることかと心配していましたがなんとか
もう二度と借金はしないと約束して結婚生活も続けることができています。